看護師の転職は求人情報をチェックしよう|求人情報局

助産師という仕事

自ら開業も可能

病棟

看護師や検査技師、作業療法士など医療に関わる資格は数多くありますが、自ら開業できる権利を持つ資格となると医師や歯科医師などその数は限られます。その1つに、助産師があります。 助産師とはその名のとおり女性の出産に立ち会い、手助けを行う職種ですが、助産師の資格を持つ者は助産院という専門施設を開業することが認められています。そのため、資格取得後は求人に応じて既存の助産院に勤務したのち、経験を積んだうえで自ら独立するという途もひらかれています。 現在、わが国の年間出産件数は減少傾向にありますが、それを上回るかたちで産婦人科医の供給不足が続いています。そのギャップを埋める存在として、助産師に対する注目は今後ますます高まっていくものと考えられています。

求人数は安定傾向

助産師は古くは「産婆さん」などという俗称で呼ばれることもありましたが、2002年からは現在の名称に統一されています。なお、「師」という言葉が使われていますが、看護師などと異なり現在もなおその資格は女性だけに与えられています。 仕事内容は出産行為を助けることがメインであるのは言うまでもありませんが、それだけにとどまりません。出産前後の母胎及び赤ちゃんの健康管理や食事指導、母乳指導から精神的ケアに至るまで、その範囲は多岐にわたります。そのため、助産師になるには事前あるいは同時に看護師の資格も取得しなければならないので注意が必要です。 助産師の主たる求人先には先に述べた助産院のほか、総合病院の産婦人科などがあります。また、自治体の保健指導員などの求人もあります。現在は有資格者の不足傾向が続いており、求人は安定的な売り手市場になっています。